高齢者で「高血圧の食事」なら、宅配弁当が便利

高齢者で高血圧ですが、食事ってどうすればいいの?

なんか、病院で高血圧って言われて、塩分控えなさい!って言われた。 まあ、そこそこに気を付けて生活するか~
 
そんな感じで、少し軽めに考えてる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
日本は世界的に見ても塩分を摂りすぎの傾向があり、実際に日本の高齢者の3人に2人が高血圧と診断されています。
 
そう言われてみたら私の周りでも「わたし、高血圧だからさ~」っていう人、けっこう普通にいます。
 
すごく一般的な症状で、「高血圧」って言っても、あまり危機感が伝わってこないんですが、実は侮っていけないものなのです。
 
「高血圧」は自覚症状がほとんどなく、静かに「動脈硬化」が進み、そのまま重症化して「死」につながるケースもあります。
 
そんな事から「高血圧」は「サイレントキラー(静かなる殺人者)」などと言われているそうです。

「糖尿病・じん臓病」の時もそうでしたが、ネーミングが怖すぎです・・・。

 

さて、今回はそんな「高血圧」について、書いていこうと思います。

高血圧ってなに?

血圧には心臓が血液を押し出すときの」の血圧と、心臓が拡張したときの」の血圧の2つあります。

」が140以上」が90以上になると「高血圧」と診断されます。
 
高齢者の場合、特に」の血圧が高くなる傾向があります。

血圧を上昇させる5つの要因

  • 血管の弾力性が低い
  • 血管を流れる血液の量が多い
  • 血液の粘度高い
  • 心臓の筋肉の収縮力が強い
  • 細い動脈の、血液の通り道が狭い

原因は?

一般的に高血圧は「肥満、喫煙、ストレス、塩分の摂りすぎ」が主な原因と言われています。(明確にはなっていない)

そして、高齢者になると、主に「血管の弾力性が低下」していき、血圧の流れが悪くなり、高血圧になります。

その他、次のような原因もあります。

・自律神経の働きが落ち、血管の拡張や収縮が上手にできない

・季節・気温による血圧変動が大きい

・血圧が高いのに対して脳の血流量が不十分


高血圧の主な特徴として「温度差で脳卒中や心臓病などを起こしやすくなる」などがあげられます。

ほっておくとどうなるの?

最初にも書きましたが、ほっておくと「動脈硬化」が進み、下記のような重大な病気を引き起こす可能性があります。

こんなリスク
  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 心肥大
  • 腎硬化症

どうすればいいの?

高血圧の根本的な原因は、実のところ明確にはなっていないそうですが、先に上げた、「生活習慣」が大きく影響している事は間違いありません。

よって、次のような事に気をつけながら生活を送ることが大切です。

気をつける事リスト
  • 食事の塩分を控える
  • 水分をこまめに摂る
  • ゆったりと行動する
  • 適度に運動をする
  • 飲酒や喫煙を控える
  • イライラしない
  • 入浴時など急激な温度変化を避ける

まとめ

高血圧はほっておいても良くなることはありません。改善・予防には、「生活習慣の見直し」が最も大切です。
 
中でも「食事から受ける影響は大きい」ので、「塩分控えめの栄養バランスの取れた食事を摂ること」が重要です。

日頃から定期的な検診をしっかりと受けて、自分の血圧を把握し、適度な運動をしましょう!

そして、やはり「イライラしない、穏やかな生活♪」を心がけるのがいいですよね。

個人的には、ココが一番のポイントではないかと思っています。

それでは、また。 ( ^ω^ )/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です