2人の旅人と老人のお話

先日、コンビニで
買い物をしていたら

若いサラリーマン風の人が
商品を選びながら、

「うちの会社、
マジで終わってるから」

といった会話が
聞こえてきました。

何か、とても納得が出来ない
不満があるのかもしれません。

仕事していると
そんな風に思う時って
ありますよね。


で、何の本に載っていたのか
もう覚えていないのですが

そのセリフを聞いて、
「旅人と老人」の話
思い出しました。

因みに「旅人と○○」
といった感じの寓話って、
けっこう、ありますよね。

まあ、それはさておき
こんな内容の話です。


旅人Aが、ある街につくと
入口に老人が立っていました。

旅人A老人に訊ねます

旅人A

この街はどんな町ですか?

老人

アナタのいた町は
どんな感じだったのですか?

旅人A

マジで最悪だったね。
正確の悪いヤツしかいないし、バカばっかりだし。

だからこうやって、その町を出てきたんだよ。

老人

そうですか、この町も似たようなものだよ。



また何日か経って、
別の旅人Bがやって来ました。

そして、やはり老人に聞きます。

旅人B

この街はどんな町ですか?

老化

アナタのいた町はどんな感じだったのですか?

旅人B

とてもいい町でしたよ♪
みんな親切だし、明るいし、仲が良いし。

老化

そうですか、この町も同じですよ♪



そして、数か月後、

2人の旅人は酒場で、
ビールを飲みながら
言います。

旅人A

あの老人の言っていたことは、本当だったな・・・。

旅人B

ホント、あの老人の言っていたことは、本当だったよ♪


と、こんな、お話です。

同じ環境で
同じ時を過ごしても
人によって感じ方が
真逆にもなる。

「いい面」を中心に
見ているのか

「悪い面」を中心に
見ているのかで

感じ方が変わってくる
という事ですね。

たしかに
どんな職場でも
活き活きと働いている人もいれば

「最悪・くだらない」って
働いている人
もいます。

仕事の場合
合う合わないも
あると思いますが

先ずは、徹底的に
「良い部分」だけを見てみる。

そうすると
意外と、物事の見え方や感じ方も
変わってくるかもしれませんね。

私も「腹が立つ事」
「嫌な事」に目が行きがちな
ところがありますので

仕事でも、私生活でも
「良いところ」に注目して
過ごせるように
していきたいです。

あ、という事は、

もしかして、私がブスブスと
「ムカつく事」を考えていたから、

サラリーマンの「ブスブス文句」が
聞こえてきたのかもしれません💦

「ブスブスモード」に
入っている自分に気付かせて
くれたサラリーマンさん、
ありがとうございました。

今日から、良いところをみて
生活していきたいと思います。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です