みやげ屋の商人魂

以前、温泉旅行に
行った時の出来事ですが、

泊まった次の日に
旅館の店主から

良い景色が見える○○へ
「無料」で連れていってくれる
といわれて、

帰るまでに時間もあったので
お願いする事にしました。

「良い景色」を観終わって
「さあ帰ろうか」と、

マイクロバスに乗り
待っていたら、

突然、中年の夫婦
バスに乗り込んできました。

ご主人

あ、突然すいません、
私、そこのおみやげ屋
やってるものです。

ここに来て頂いてる、みなさんに
お話させて頂いてるんですが、

実はここは○○が名産でして、
それを使って作ったワイン

コレです!

といった感じで
名産のフルーツの話
ワインについての話
続けていきます。

その間、奥さんは

奥さん

買われた方、みなさん
「飲みやすさに」驚かれるんですよ♪

とか、
絶妙なタイミングで
「合の手」を入れています。

そんなこんなしてるうちに
話はクライマックスに
突入していき、

ご主人

で、みなさん
普段はこのワイン
4500円で販売させて
頂いています。

でも、せっかく遠くから
来て頂いている皆さんに
定価で売ることはできません。

何故なら、
このワインを持って帰って
お家で楽しんでいただきたいからです。

そして、
旅の思い出話などしながら
また、○○に行ってみようか

そんな風に思って頂けたら
って思います。

だから、今回
特別です!

2500円!


すると、奥さんが

奥さん

え!2500円?

4500円が、2500円?

すごい!

 
すると車内は? というと、

「・・・」

突然飛び込んできた
この寸劇に、

まだ、テンションが
付いて行くことができず

シ~ン・・・、と
静まり返っています。

御主人は
この固まった空気を
打開するため、

ご主人

ん~、よし
もうこうなったら

2000・・・、
いや、1800、うん!
1800円で出しちゃいます!!

奥さん

え!ちょっと、アンタ~!!

御主人は この勝負所
これでもかの「ドヤ顔

奥さんは、オロオロしながら
御主人と 我々の顔を
交互にキョロキョロと見てきます。

「・・・」

「・・・」

そして、やがて
沈黙に耐え切れず、1人が

観光客A

あ、じゃ・・・、じゃあ、1本下さい。

車内に安堵の空気が流れます。

すると、

観光客B

1500円なら買う! 1500円!

と声が上がる。

御主人は、
少し困ったように
考える素振りをみせ、
その声に応えます。

ご主人

「え~い、よし、もういい、
今日は特別の特別だ!」

「1500円だ! 1500円!」

奥さん

「アンタ~~!!」

ここで車内は盛り上がり
大勢の人がワイン
購入していきました。

最初に1800円で買った人も
1500円にして貰い、

みやげ屋の夫婦の寸劇
無事に終了し、

私たちは帰路に
ついたのでした。


はっきり言って
この夫婦漫才の
インパクトが強すぎて

「良い景色」は
一切記憶に残っていません💦

あの寸劇、他にもいろいろな
バリエーションがあるのだろうか?

めちゃくちゃ
興味が湧いてきます。

もしかしたら
「温泉」や「料理」や「景色」は
どうでもよくて、

あの寸劇、もう一度
味わいに行くかぁ

ってリピーターが一定数
いるかもしれない。

何年たっても
この様に思い出話に
出てくるというのは

やはり、それだけ
インパクトがあったからに
他ならない

みやげ屋の商人魂
感服しました。

私も見習って、を込めて
働こうと思いました。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です