コシはカラダのカナメ

店舗に納品された
荷物を運んでいたら

腰の辺りで
何かピリッとした
感覚があり

「アレ?コレは
気を付けないと」

って思いながら
作業を続けていると

再度、
ピリッという感覚が
腰付近に走る。

「これは重いものは
持つの止めておこう」

「コッチの
軽いヤツをゆっくりと」

って思ったときに

ビキキ

落雷に打たれたような
強烈な衝撃を感じた瞬間

痛みでカラダが
動かなくなりました。

ギックリ腰です。


「まだ今日の仕事、
始まったばかりなのに、
これはヤバイ」

「そうだ!
腰痛のコルセットを
すれば、何とかなるかも」

そう思い、移動しようと
思うのですが、

少し動いただけで
強烈な痛みがカラダを
駆け抜けます。

しかし、ここで
止まっているわけにも
いきません。

何とか、少しづつでも
移動しなければ

そして、ゆっくり
移動を始めました。

通常、人間の歩行速度は
時速4~5㎞と言われて
いるそうですが

今の私の速度は
おそらく時速0.2㎞くらい。

通常の歩行速度に
比べると、かなり遅い💦

この調子でいったら
コルセットに
たどり着くのに
どれくらいかかるのか・・・、



痛みに耐えながら
ゆっくりと移動をして

息を切らしながらも
ようやく目的の場所まで
たどり着くことが
できました。

「ハァハァ、これで、
何とか、なるでしょ」

少し「ホッ」としながら、
いざ、コルセットを装着。

「どれどれ?」とカラダの
姿勢を起こしてみる。

ビキキ

「痛っ!」って、

まったく効果ナシ

全然、歩行速度も
アップしません。

この時点で
私の本日の仕事は
終了しました。

あとは、カラダを
動かさないでも

何とか出来る
「電話番」や「簡単な事務」を
する事になりました。

当然、
普段はやっていない
ポジションなので、
お手伝い程度です。

うちのお店の
メインのお仕事は

お弁当を作って
配達する事ですが

そのほとんどの部分で
仕事に加わることが
できません。

以前、
ギックリ腰で
出勤できません

って言って、
休んだスタッフさんがいて

「なんだよもう」

って思った事が
ありましたが、

今ならわかります。

コレ、
無理だよね・・・。



なんで、こんな
ポンコツ状態になって
しまったのか・・・、

自分自身に
強い不甲斐なさ
感じます。

本日の私の仕事は
周りのみんなが分担して
やってくれました。

助けてくれる
周りのメンバーには、
感謝しかありません。

普段、普通に
動いてくれていた
「カラダ」にも感謝したい。

多くの事に
感謝を忘れていた
自分に

神様からの「天誅!
だったのかもしれません。

初心に帰り、
また、謙虚な気持ちを
忘れずに

生活を見直したいと
思います。

そして、
先ずは「ギックリ腰」

直さないと!

それでは、さよ~なら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です