献血で多くの命が助かるんだけど・・・

私は注射が苦手なので
注射ってさ、怖いですよね」って、
人に同意を求めるときがあります。

大抵の場合、
そうですよね」って
返ってくるのですが

たまに
私、平気ですよ」と、
返してくる人がいる。

あのような鋭利な物を
刺されるって言うのに
平気です」って・・・。

にわかには
信じることができません。

そこで、
でもさ、刺すところを
見てるのって、無理ですよね?
って聞くと。

まさかの、
え? 私、平気です」の返答。

・・・

どう考えても
私にとっては恐ろしい事なのに、
何でこの人は平気なの?

あんなに先の尖った物を
血管めがけて突き刺す。

この様な
極めて危険な行為に対して

恐怖の感情を、
ほぼ持たないって
凄過ぎです。

そんな私ですが
先日、「健康診断」に
行ってきました。

当然、コースの中に
あの、やばい「ヤツ」が

そうです「採血」もあります。

ここで、私がどのような思いで、
どのような葛藤があり、
そして、どういった作戦で
採血に挑んだのか。

それを書いていると
一向に話が進まないので、
「結論」を先に言っておきますが

何ごともなく
採血は終了しました。

しかし、今回一番言いたいのは
「怖さ・痛さ」では無く、
採血の「」の話です。

最初に、看護師さんから
今回は前立腺の検査も
するので、4本分とりますね
って言われました。

机の上には
試験管みたいなのが
4本ズラッと並んでいます。

え!、そんなに採ったら
フラフラになるんじゃないの?

そんな、思いで
ハラハラしていると、

看護師さんは
4本で22㏄になりますね
と説明してくれた。

今まで、採血の時に
何㏄採るかの説明など
聞いたことがありません
今回が初めてです。

多分、看護師さんが
恐怖におののいている
私の様子をみて、

コイツ、相当にビビってるな
仕方がない、安心させてやるか

そう思ってくれたのでしょう。

おかげで
そっかぁ、それくらい
だったら大丈夫か・・・

と、安心することができました。

看護師さん、
ありがとうございます。

でも、
この試験管みたいなのに
4本も採って「22㏄」って
意外と少ないんだな


あれ!!

ちょ、

ちょ、まてよ!!

献血って
何か「400㏄」とか
言ってなかった?

「・・・。」

試験管4本で「22㏄
という事は
1本で「5.5㏄

400㏄」÷「5.5㏄」= ?

72本分!!!

死んでしまうよ!!



結構、普通に街中に
献血車両が止まっていて

結構みんな
普通にやってるけど

大丈夫なの?

私は、
1万円貰っても絶対に嫌です!!

っていうか、「血」って売れるのかな?

私は売れたとしても売りませんが、
そんな、疑問が湧いてきたので
調べてみました。

結果、
現在の日本では
血液の売買はできない

という事がわかりました。

その為、
無償提供」により
集められている状況だそうです。

一応、「お菓子」や「ジュース」を
無料でいただけるそうですが、

私には厳しいっス・・・、
何故なら「怖い」から・・・。

しかし、この条件で
献血をしてくれる人が
いる事で

多くの人の
「命」が助けられている。


私には
なかなか出来ない献血を
人様の為にして頂いてる方々、
本当に頭が下がる思いです。

「注射針が怖い」
そんな、チキンヤローな
私にもできる事・・・。

寄付・・・。

それで、
実際に献血をしている人と
同じ貢献度には
ならないでしょうが

せめて、日本赤十字さんに
寄付」をしようと思います。

「血」提供できなくて
スミマセン💦

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です